鬱陶しい!ホットクックと義母

この記事は約 6 分で読めます。

私は丁度一年ほど前から、シャープのホットクックを愛用しています。

便利!シャープホットクック

洗うのが少々面倒臭いのが難点ですが、出汁を取るのにはとても便利で、毎日美味しい天然出汁が簡単にとれるので重宝しています。

朝に昆布と水をセットして、【だし】モードにしておけば、1時間後には美味しい昆布出汁が取れるので、後は鰹節をいれて数分待って濾せば、料亭の味とも言える天然合わせ出汁が、完成します。

後はその出汁で煮物を作ったり、味噌汁を作ったりするのですが、それも野菜などを切って、出汁と一緒にホットクックに掘り込んで、【野菜たっぷり味噌汁】などのモードにしておば、スイッチポンで楽々調理出来ます。

私は今現在はほとんど便利家電は持っていません。

出来るだけ家事で身体を動かして、運動時間を短縮したいからです。

家電の話題はこちら💁‍♀️

唯一持っていて、使用している便利家電がこのホットクックなのです。

ホットクックと義母

しかし、ホットクックを愛用する私に、義母はどうしても何か言いたい様です。

まあまあ、なあに?このデカイ炊飯器は?
へー!
これで出汁を取るわけ?
便利なのねぇ。

私達の頃は、こんな便利な家電無かったわ。

漠子
漠子
じゅこ
じゅこ

最近の家電なので、昔は無かったですね。

食べる物は安全で美味しい物を食べたいと思ってるので、出来るだけ手間を省きつつ、キチンとした調理をしたくて購入したんですが•••。

ふーん•••。

漠子
漠子

私達の頃はこんな便利な家電無かったから、毎朝早起きして昆布戻してね、大きな鍋にたっぷりの出汁をとったものよ。
とっても時間がかかるのよ。

クドクドクドクドクド••••。

漠子
漠子

私達の頃?

じゅこ
じゅこ

うちの姑は、自分がついていけない事柄が起こったり、見たことのない家電を私が使っていたりすると、すぐに「私達の頃は、こんな物はなかった。」と口癖のように言います。

私達の頃?

今現在、姑は元気で仕事もしています。

子どもも手が離れ、普通に第二の人生を楽しむ時期に来ているはずです。

最近は、60代からが人生の本番と言われるシニア世代の方も増えて、皆さん、趣味や旅行に楽しんでおられる姿も見られます。

前向きな考え方だと、今現在こそが、私達の頃だといえるはずです。

たまにうちに泊まりに来ては、私は昔の人間、私達の頃は終わったアピールされるのは、正直ウンザリです。

どうにか、前向きに、人生を私達とは関係ない場所で楽しんで欲しいのですが、

人を変えると言う事はとても難しいもので、私達が何か言ったからと言ってすぐ変わることは無いでしょう。

ちなみに、私の実母は姑よりも10歳以上年上ですが、とある趣味があり、その趣味のために今週は東京、来週は福岡と言う様に、日本全国を飛び回っています。

その趣味のために仕事もして、病気しない様に日常生活にも気をつけ、検診も受け、まさに今が人生の最高潮だと言っても過言でない状態です。

そんな母を見ているから、尚更姑が面倒に思えてくるのかもしれません。

本日のポイント

じゅこ
じゅこ

1、ホットクックが羨ましいなら羨ましいとはっきり言って!

2、嫌味の言い方がくどすぎる!

3、私達の頃って、もう貴方はこの世にいないの?
使ってみたいなら今から買えばいいだけでしょ?